« ヘルシンキの歴史博物館、子どものためのアトリエ | トップページ | 「広い砂浜でほんのひとかけらのさくら貝をひろったような」 »

2007年12月21日 (金)

好き でも 嫌い

アンビバレント ambivalent

am は否定

bi は二つ

valent 価値的な

好き。でも 嫌い。 これがアンビバレントな関係。本当は両方ある。

仲の悪い二つの気持ちが同居する。

子どものころあっただろう。いじめっ子。女の子に悪態をつく男の子。

好きな子に限って意地悪をする。

これだけ言えば思い当たることがあるだろう。

どうこの気持ちと付き合ったらよいか分からない。

どう表現したらよいかわからない。

女の子のグループ。

仲間への「好き」という気持ちと「嫌い」という気持ち。

それを「嫌い」を抑えて「好き」だけ表そうとする。

何か「外に出すもの」を激しく「嫌い」ということで。

恋人同士。

相手への「好き」という気持ちと「嫌い」という気持ち。

「嫌い」という気持ちへの疑念。

それを確かめたくて「嫌い」をぶつける。

無理を言う。

|

« ヘルシンキの歴史博物館、子どものためのアトリエ | トップページ | 「広い砂浜でほんのひとかけらのさくら貝をひろったような」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501287/17433102

この記事へのトラックバック一覧です: 好き でも 嫌い:

« ヘルシンキの歴史博物館、子どものためのアトリエ | トップページ | 「広い砂浜でほんのひとかけらのさくら貝をひろったような」 »