« プロフはお疲れ | トップページ | こどもと言語Ⅰ お留守番は映画会 »

2012年6月11日 (月)

希望の論理

詫びる必要はないのです。

人は思ったように生きたらよいのです。

願ったような道を選んだらよいのです。

自分自身が選んだこと、望んだことがどのような事柄の筋道の中にあったのかは、生きていく中で自分自身が引き受け、知ることになるのです。

こまったことに、人はしばしば、自分が何を選んでいるのかに気づかないのですが。

希望は剛直な論理の中にあるのです。

選んだものを人は受け取るけれど、また其の論理的帰結をもいやおうなく引き受けなければならない。

そこから逃げようとさえしなければ、どのような希望であれ、どのような結果であれそれはあなたを強くする。

簡単なことです。

|

« プロフはお疲れ | トップページ | こどもと言語Ⅰ お留守番は映画会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんは。

ずいぶんお忙しそうですが、お体の方、くれぐれもお大事になさってください。

仕事はどんな仕事でも大変ですね。
子どもの行為行動ではなく、見えない部分を読み取って、大切に育てていけるよう、自分の保育を振り返りつつ、地道にやっていこうと思います。

投稿: 宇佐美美保 | 2012年6月12日 (火) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501287/54935674

この記事へのトラックバック一覧です: 希望の論理:

« プロフはお疲れ | トップページ | こどもと言語Ⅰ お留守番は映画会 »