« こども学概論Ⅰ 第11回 | トップページ | こどもと言語Ⅰ 第12回 »

2012年6月27日 (水)

自分の声を聞く

芝居の脚本の朗読会をしていたとき、参加者のひとりにか細い声ではなす女の人がいたという。何度も朗読会を続け、やり取りを続けるうちに、びっくりするほど強い声で読みあげることができるようになった。憎しみを顕わにした女の人のセリフの連なりを。

その女の人は自分自身の声に驚いていた。自分の声とその声に載せられた感情とに驚いていた。

そのことを女の人は深い柔らかい声で話した。

竹内敏晴さんがどこかに書いていた、忘れられない話。

こどもたちに向かって、どんな声で語りかけていますか。

その声を聞いていますか。

|

« こども学概論Ⅰ 第11回 | トップページ | こどもと言語Ⅰ 第12回 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501287/55064782

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の声を聞く:

« こども学概論Ⅰ 第11回 | トップページ | こどもと言語Ⅰ 第12回 »