« 教育の方法:映画Whiplashを見る | トップページ | 週末は外で食事を »

2016年2月17日 (水)

2015年度後期の終わりに

 立春も過ぎ、2015年度もいよいよ終盤です。

 すっかりご無沙汰いたしました。
 今年度は、たくさんの科目、そしてたくさんの受講者の皆様への対応で息つく暇もない日々でした。昨年度前期に配置されていた科目のひとつを後期に移したこと、昨年は受講生がなく、閉講となった科目が、今年は開講と復活したこと、そして、全体として受講生増となったことなど、いろいろな負荷が重なりました。
 しばらく、訪問してくださる方も少なかったこのブログ、少し活気がでているようです。もしや、試験の結果が心配でというかたがたがたくさんおられるのではないでしょうか。
 そんなことを考えて、少し状況をお知らせします。
 1.「発達と学習」 多くの方に受講登録をいただきました。そのうち90パーセント程度の方が、履修をつづけてくださいました。15回の講義のうち、5回以上欠席の場合には単位取得ができないという仕組みです。そして、2回の遅刻は1回の欠席へと換算されることになっています。遅刻について、交通機関の遅延証明がある場合には配慮をするように、と決まっているようです。試験は3回実施しました。試験に欠席した場合には通常講義における提出物を参考にして評価をするということにしています。数名の方が規定の点数に届かず、不合格となりました。厳しいとお思いかもしれませんが、子どもの発達についての理解が大切であることを受け止めていただけたらと思います。
 2.「こどもの心の発達Ⅰ」選択必修科目ですから、受講生は毎年少なくないです。そして、再履修の受講生も。不合格の結果もありえます。発表の折にはよく確認してください。
 
 3.「こども学調査法Ⅰ」、皆さん、課題レポートは粘って何度も書き直してくださいました。こちらは合格点として、問題は小テストの結果です。調査の客観性を保証する方策について、よく理解が届いていたでしょうか。心配なかたは結果発表をみおとすことのないように。
 4.「こどもとコミュニケーション」その他も、ぜひ、結果を確認して置くようにしてください。

|

« 教育の方法:映画Whiplashを見る | トップページ | 週末は外で食事を »

受講のために」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501287/63225996

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年度後期の終わりに:

« 教育の方法:映画Whiplashを見る | トップページ | 週末は外で食事を »