« 2016年度前期を振り返る | トップページ | ご無沙汰がつづいております »

2016年8月29日 (月)

夏を凌ぐ

 先日の中日新聞に「夏の疲れが秋になって出るので気をつけるように」という記事を見つけた。原因として想定されているものは様々で、実際のところどうしたらよいのか、判断に迷うのだけれど。

 処暑という言葉がある。国語辞典を見ると立秋と白露の中間、旧暦の7月中旬とある。おそらく、季節は今頃。とにかく、暑さを凌いでたどり着いた季節。まだまだ暑い。本格的な秋へ向けて備える。
 もう50年近くも前、大学生の姉がこどもの野外活動にボランティア活動として参加していたことがある。その数年間、姉は毎年梅雨のころから立秋過ぎまで、泊まり込みで島に出かけては大量の洗濯物を抱えてもどるという生活を続けていた。よほど疲れるらしく、中休みの時期は週日家で寝ていた。そして、夏の終わりまでも。
 処暑という言葉は、いつも、この時期の姉の姿と重なって思い浮かぶ。
 夏をどう凌ぐか。
  そのころは信州の高原で土地の人々が「学生村」という安価な民宿を提供していて、涼しい土地で過ごす大学生や高校生について、新聞で紹介されていたこともあった。まだ、大企業が観光開発と称して高原地帯を嘗め尽くすようになるより少し前のことである。しかし、高校生の頃、堀辰雄の作品などを通してかいま見た「高原の夏」は、たとえそれが人々の暮らしの陰影に満ちていたとしても、手の届かない社会階層の人々の世界だった。「風立ちぬ」という宮崎駿のアニメ作品の中では、軽井沢で夏を過ごす人々が描かれたが、その人々は経済的にも、社会的にも恵まれた人々に限られていただろう。
 こどもの頃も今も、夏はとにかく乗り切ることで精一杯である。狭い家を逃れて教室の窓を開け放って本を読んだ夏、温度管理の施された公立図書館の限られた机を求めて並んだ夏、歩みのもどかしい我が身としては、出来る限りこの時期に先へと進みたいのだけれど。
 

|

« 2016年度前期を振り返る | トップページ | ご無沙汰がつづいております »

学生生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501287/64120520

この記事へのトラックバック一覧です: 夏を凌ぐ:

« 2016年度前期を振り返る | トップページ | ご無沙汰がつづいております »